薬剤師 時給アップ

薬剤師による薬剤管理指導についての状況と問題点

在宅医療というのは今後避けては通れない問題です。そのため在宅医療への対応要員として薬剤師を確保しようとするところも増えてきています。
在宅医療に携わることができる薬剤師が少ないということはそれだけ価値が上がるということ。
価値が上がるということは、その分給与に反映されると考えられるでしょう。ただしどの職場も同じではなく、自分で見極めながら職場を決める必要があります。
そうしたサポートのためにこうしたサイト利用するのもよいのではないでしょうか。⇒薬剤師時給アップ求人

 

さて、とても重要な業務の在宅医療ですが、薬剤師にとっての問題点も多くあります。
一つには、地域には高齢者が多くいらっしゃるという点です。
これは地域によって変わるもので、高齢者の割合の多い地域と少ない地域というのは分かれていますので、職場の場所やエリアによってある程度決まってきます。

 

そして高齢者に対して薬剤の管理指導をするのは難しいと感じる薬剤師もいるのです。薬剤師なら薬局でも病院でも気持ちが分かる気がするのではないでしょうか。説明の難しさに加えて、高齢者は処方される薬が多くなる傾向にありますから、正しく薬を服用してもらうということも難しいのです。

 

そして自分の病状や薬の必要性を意識しづらく、薬を飲みたくない方がいらっしゃいます。
そのような方に対し、ご自身の医師からの状態をお伝えし、薬の必要性を説明します。
その際、簡潔な話ではお年寄りは満足しませんので、ゆったりとご自身のお話を聞きながら、少しずつ説明していきます。何度にも分けて、継続して指導します。

 

高齢化が進むにつれ、在宅医療はもう他の医療と同様、普通のことで必要が大きいものとなっています。薬剤師は薬の細かな専門の説明よりも、簡単な言葉で効果を理解してもらうほうが良いと言えます。

 

そして、肝要なのは適量を適時飲み続けることです。お年寄り用の薬のカレンダーなども多数ありますので、活用して飲み忘れや重複のないよう管理指導をできます。最近は、服用する薬の一包化サービスというものもあります。
副作用の説明で飲まなくなる方もいますので、益を主に話す方が良いかもしれません。
薬剤師の在宅医療での説明の仕方、特に薬剤管理指導の仕方は責任のある業務なのです。